事業案内 BUSINESS

医療事業紹介 MEDICAL

学校法人 国際医療福祉大学 国際医療福祉大学病院 栃木地区

基幹型臨床研修病院・救急指定病院・二次救急輪番病院・小児救急拠点病院・DPC対象病院・地域周産期母子医療センター・栃木県がん治療中核病院・栃木県神経難病医療ネットワーク推進事業拠点病院

病床数:408床

高度化する医療に対応する布陣と最新鋭の医療機器を整備した、栃木県県北地域の基幹病院です。二次救急輪番病院および小児救急拠点病院として、栃木県県北地域の救急医療に貢献しているほか、不妊治療や周産期医療にも力を入れています。また、隣接する介護老人保健施設 マロニエ苑、にしなすの総合在宅ケアセンター、特別養護老人ホーム栃の実荘、幼保連携型認定こども園 西那須野キッズハウスとともに複合的な保健・医療福祉ゾーンを形成し、国際医療福祉大学の附属病院として、年間5,000人を超える学生の実習を受け入れています。
当院は栃木県がん治療中核病院として認められており、2013年には、栃木県内で初めて手術支援ロボット『ダ・ヴィンチSi』の最新タイプを導入し、前立腺がん、胃がんの手術を実施しています。 また、2014年には栃木県県北地域で初めてPET-CTを導入し、より質の高い医療を提供しています。

診療科目
内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、神経内科、糖尿病内分泌代謝科、アレルギー膠原病科、血液内科、心療内科、消化器・一般外科、呼吸器外科、心臓外科、血管外科、乳腺外科、腎泌尿器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、小児外科、小児科、産婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、精神神経科(こころのケア科)、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科、病理診断科、臨床検査科、救急医療部

センター方式
脳神経センター、神経難病センター、呼吸器センター、循環器センター、不整脈センター、消化器センター、透析センター、腎・尿管結石破砕センター、周産期センター、リプロダクションセンター(不妊治療)、放射線治療センター、予防医学センター、バースセンター、歯科口腔外科センター

施設概要
施設基準
/一般病棟7対1入院基本料、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)、他

各種認定/日本内科学会認定医制度教育関連施設、日本消化器内視鏡学会指導施設、日本肝臓学会認定施設、日本臨床腫瘍学会認定研修施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本認知症学会教育施設、日本透析医学会専門医認定施設、日本腎臓学会研修施設、日本脈管学会認定研修指定施設、浅大腿動脈ステンドグラフト実施施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本整形外科学会認定研修施設、日本周産期・新生児医学会認定(周産期母体・胎児専門医研修指定施設)、日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設、母体保護法指定医師研修施設、生殖医療専門医制度認定研修施設、日本臨床神経整理学会認定施設、形成外科教育関連施設、乳房再建用エキスパンダー実施施設、日本糖尿病学会認定教育施設、救急科専門医指定施設

開設年月:1998年7月 ※2007年2月、学校法人化
敷地面積:74,000m²
延床面積:52,000m²
 
  • ロビー

  • バースセンター個室

  • 個室

  • 救急処置室

  • NICU

  • 手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」

一覧に戻る